Liveの予定

  ご予約・お問い合わせは、090-8234-9736(池田)まで・・・お早めにどうぞ。

★ 林栄一&GATOS Meeting ( ガトス ミーティング )

   11月18日」(土)   Open / 17:30    Start / 18:00 

                予約 4000円(学生 3000円)   当日 4500円

                      いづれも1ドリンク付き 

アルトサックスの名手林栄一氏率いる「ガトスミーティング」。日本ジャズ界で疾走し続ける林と石渡、さまざまなジャンルで活躍中の各セクションのエキスパートである中堅・若手がぶつかり織り成す迫力の演奏。アレンジャーとしても評価が高い林の4管アレンジも聴きどころ。 

栄一 (alto sax)

中学時代ブラスバンドでサックスを始める。17才でプロになり、ビッグバンドやR&B バンドで修行を積む。1980年、山下洋輔トリオにプラスワンとして参加し、83年のヨーロッパツアーの演奏はライブ盤として発表される。1990年、自己のバンド Mazuru を結成し、同名の初リーダーアルバムを発表、ドイツニュールンベルグジャズ祭に出演、好評を博す。現在に至るまで日本を代表するアルト奏者の一人として幅広く活躍し、その唯一無二な音は渋谷毅オーケストラ・板橋文夫バンドなどでも欠かせない存在である。また様々なセッションを通じて林流インプロあるいは林流モンクをも追求し続ける。代表的アルバムとして、de-ga-showMonk's Mood、音の粒、Mazuruの夢、森の人、Birds and Bees、鶴、融通無碍、回想 など多数の作品を発表している。

吉田 隆一 (baritone sax)

71年、東京都出身。バリトンサックス奏者。中学校の吹奏楽部でバリトンサックスを手にする。91年に林栄一『林管楽交』に参加。バリトンサックス無伴奏ソロ開始。97年に藤井郷子オーケストラに参加。同時期に『渋さ知らズ』に参加。SF+フリージャズユニット『blacksheep』を主催し、大谷能生、スガダイロー、新垣隆、西島大介らと共に文化諸相の混在を図る。アニメ、SFに造詣が深く、雑誌やミニコミ誌等に論考やレビューを発表している。最新アルバムはblacksheep『∞­メビウス』。『魔法少女まどか☆マギカ』キャラではマミさん派。 http://yoshidaryuichi.com/

山田 丈造 (trumpet)

1991年、札幌に生まれる。父の影響で幼い頃からジャズを聴き始め、9歳から札幌ジュニアジャズオーケストラに参加。Herbie Hancock、日野皓正らとのセッションを経験する。2012年、プロとしての活動を開始し、札幌初のプロビッグバンド Sapporo Jazz Ambitious3年連続で抜擢され、渡辺貞夫、David Matthews、八代亜紀との共演を果たす。2014年、North Pandemic Groove結成。札幌シティジャズ パークジャズコンテストにて優勝。1st AlbumNorth Pandemic Groove』、2nd AlbumBUNKA』をリリース、Toronto Jazz Festival2年連続出演する。現在は活動拠点を東京に移し、多数のセッションや板橋文夫オーケストラ、秋山一将Trial Trip、竹村一哲とのバンドmaziwaris、気鋭のソウルバンドShunske G & The Peasなどで活動中。

後藤 (trombone)

1974年東京都出身。3歳からピアノ、12歳からトロンボーンを始める。Yellow Card Orchestra、本田竹広(pf) the PURE、金井英人(wb) unit 等へ参加しプロ活動を始める。現在、自身主宰の後藤篤4(w/ 石田幹雄 pf 岩見継吾 wb 服部正嗣 dr)、MoonS(後藤 tb 本田祥康 gt 福島紀明 dr)での活動とともに MAD-KAB-at-AshGate、安カ川大樹(wb) 6D-musica Large Ensenble、板橋文夫(pf)オーケストラ、Tribal ChantSambabwe等のバンドに参加。

石渡 明廣 (guitar)

暗黒舞踏「大駱駝艦」の音楽主任を経て、天誅組、SALTJAZZY UPPER CUTGAMBLE、渋さ知らズ、MULL HOUSEなどで活躍。現在も渋谷毅オーケストラ、月の鳥、四気筒、MAD-GAB-at-AshGateのほか、数々のセッションなど多岐にわたり幅広い演奏活動を行っている。MAD-GAB-at-AshGateMULL HOUSE以来のリーダーバンド。201410月に1stアルバム Funny Blue(AKAO-RECORD)をリリースする。

岩見 継吾 (bass)

福島県出身。東京農工大学在学中にジャズ研究部に所属し、独学でコントラバスを始める。在学中から都内を中心に演奏活動を開始。卒業後も様々なバンドで国内ツアー、ヨーロッパツアー、国内大型ロックフェス等を経験。これまでにスガダイローReal Blue、鈴木勲OmaSound、クラブジャズバンドSleepWalker、パンクバンド ミドリ等に参加。ポップス~ジャズ~パンク~即興演奏まで、様々なジャンルの音楽を演奏。現在は2つのリーダーバンドOncenthトリオ、世田谷トリオで活動するほか、メンバーとして、AlfredBeachSandal、芳垣安洋MoGoToYoYoOn the Mountain、森田修史メキシコトリオ、Vakeneco、猫沢エミSphinx等に参加。

磯部 (drums)

1972年生まれ。ジャズ、フュージョン系の音楽に影響を受け、様々なライブ、セッションで活動中。現在主な参加バンドは渋さ知らズ、HAYAKAWAAAS、シワブキなど。

 

 今までの Live 写真は過去のLive」